続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。今年で14年目になります。

北しなの線~飯山線連絡

しなの線~飯山線連絡

 昨年3月の北陸新幹線開業でJRから経営分離された信越線のうち長野県部分(長野~妙高高原間)はしなの鉄道北しなの線となりました。しなの鉄道でもJRとの連絡区間については激変緩和措置のためJR線との乗継割引が設定されています。

 適用範囲は以下の通りです。

北しなの線 JR線 乗継割引適用範囲
北長野~豊野 篠ノ井~安茂里  しなの鉄道とJRで割引 
松本~稲荷山 しなの鉄道のみ割引
長野~三才・牟礼  信濃浅野・替佐 しなの鉄道とJRで割引
蓮~森宮野原 しなの鉄道のみ割引

 北しなの線でも古間・黒姫発着の場合、JR線との乗継割引はありません。境界駅の妙高高原についてはえちごトキめき鉄道管理のため、長野・豊野駅を接続とするJRとの連絡運輸の設定自体がありません。

E1023

 こちらのきっぷは豊野接続の北しなの線飯山線の連絡きっぷです。この区間だとしなの鉄道とJR線と両方に乗継割引が適用されます。

しなの鉄道:長野~豊野   250円

JR線:豊野~信濃浅野    140円

 両社単純合算だと390円のところが80円の乗継割引が適用されて310円となっています。もっとも、北しなの線が分離される前のJR時代は240円だったので、乗継割引が適用されても3割近い値上げになっています。 

E1021

 こちらのきっぷは同じく豊野接続の飯山線北しなの線の連絡きっぷです。この区間しなの鉄道のみに乗継割引が適用されます。

しなの鉄道:長野~豊野   250円

JR線:豊野~信濃浅野    320円

 両社単純合算だと570円のところが40円の乗継割引が適用されて530円となっています。

 なお、JR東日本の発表資料によると、JRが北しなの線との乗継割引を設定するのは「5年間を限度」という時限措置なんだそうです。先行して移管されたしなの鉄道線(軽井沢〜篠ノ井間)と同様にしなの鉄道単独の乗継割引に移行することになりそうです。