八戸えんじょいカード

 「八戸えんじょいカード」は八戸市内の指定された交通機関が1日利用できるフリーきっぷとクーポン付きのガイドブックがセットになったきっぷです。フリーエリアは以下のとおりです。

【フリーエリア】

  • 八戸線:八戸~種差海岸
  • 八戸市内の八戸市営バス・南部バス(岩手県北自動車南部支社)
  • 種差海岸遊覧バス、八食バス、日曜朝市循環バス、るるっぷ八戸

 バス路線は郊外に除外区間がありますが、市内中心部はほぼ使えます。また、青い森鉄道の北高岩~陸奥市川間は八戸市内ですが利用できません。

 f:id:imadegawa075:20181104232838j:plain

 フリーきっぷ本体はこんな感じのものです。トクトクきっぷと言うよりは完全にイベント券です。昔はカードタイプの常備券(と言うより印刷物)でした。発売箇所は八戸市内JR駅のみどりの窓口およびびゅうプラザで、バス会社での発売はありません。曜日の制限はなく通年購入可能です。

  購入時にもらえるガイドブックには飲食店や土産物屋でのサービスや割引に加え、ホテルや観光施設の割引などのクーポンが盛りだくさんです。

 ちなみにこのきっぷはJR東日本の「おトクなきっぷ」のページで検索してもヒットしません。このきっぷの企画を「八戸カード運営協議会」という市の外郭団体(?)が取りまとめているようなので、JRも協力はするものの一歩引いた立場にいるからかな?と推測しています。 

f:id:imadegawa075:20181114085412j:plain

f:id:imadegawa075:20181114085423j:plain 

 私は焼失し再建中の蕪島神社を参拝し、引退が迫っていた八戸線キハ40系を追いかけ、夜は市内に戻って八戸前沖鯖を堪能し、フリーパスを一日満喫しました。八戸に鯖のイメージはなかったんですが、びっくりするほど脂が乗っていておいしかったです。バスも使えるので八戸市内を一日周る際には便利なきっぷです。

【ひとこと】

 八戸~鮫間の往復運賃だけで480円します。バスを含めた八戸市内の交通機関を一日利用できて700円であればまずまずです。

 改善して欲しいなと思う点は駅の指定席券売機でも発売して欲しいところです。特に八戸駅の窓口は東京方面の列車の発車前にはかなり混み合います。私も列に並んでいたものの、八戸線の列車に乗り遅れそうになったので、向かいのびゅうプラザに駆け込んで発売してもらいました。

使い勝手:★★★★☆

お得感:★★★★☆

当日発売:あり

小児用:あり 

バースディきっぷ小変化

 誕生月に破格の値段で四国内のJR線・JRバス・土佐くろしお鉄道を利用できるJR四国の「バースディきっぷ」ですが、平成29年4月乗車分より商品内容が改定されました。改定内容は以下のとおりです。

【メリット】

  • グリーン車用に加えて割安な普通車自由席用(9500円)の設定を追加。
  • これまでなかった小児用の設定。(普通車自由席用のみ)
  • 阿佐海岸鉄道が新たにフリーエリアに。

 四国の特急列車でグリーン車が連結されているのは予讃線・土讃線ぐらいなので、その辺りを乗らない場合は普通車自由席用でも事が足りるのかもしれません。

【デメリット】

  • グリーン車用の値上げ(10000円→13000円)

  グリーン車用の値上げの理由としては、グリーン料金を徴収する観光列車でも利用できることを挙げています。確かに「バースデイきっぷ」で乗っている人をよく見かけます。 

 私個人的には誕生日の条件さえ満たせば誰でも購入できるこのきっぷは、もともと神がかり的に安いと思うので、3000円の値上げでもとやかく言うつもりはありません。「神がかり」→「超安い」ぐらいに格下げはしますが。

 今年の私の誕生月に商品改定後初めて利用しました。今回は嫁を拉致したので、初めて「お連れ様用」も購入しました。

f:id:imadegawa075:20181114101414j:plain

f:id:imadegawa075:20181114101422j:plain

 きっぷはこんな感じで、様式は商品改定前とほぼ変わりません。「ご本人様用」と「お連れ様用」の違いは氏名と誕生月を記入する欄の有無と注意書きの内容と右上の特企券コードです。

 今回の旅行では以前から嫁が少しだけ興味を示していた快速「伊予灘ものがたり」と特急「四国まんなか千年ものがたり」の乗り比べをすることができました。

 両方乗り終わった後、嫁にどちらが良かったか聞いてみたところ、「四国まんなか千年ものがたり」の方が良かったそうです。その辺りについては別の機会にまとめてみたいと思います。

【ひとこと】

 長い間価格据え置きだった上に、最近のJR四国の経営状況を鑑みると、今回のグリーン車用の値上げは仕方がないと思っています。むしろグリーン席の利用回数や観光列車での利用に制限が付かなかっただけ御の字だと思います。

 ただ、普通車自由席用よりはせめて普通車指定席用にして欲しかったなという気はします。

使い勝手:★★★★★

お得感:グリーン車用★★★★★、自由席用★★★☆☆

当日発売:あり

小児用:自由席用のみあり 

富山駅北口その後

 富山駅付近は連続立体交差事業(高架化)工事の真っ最中です。当初は平成28年度中に終わる予定でしたが、まだ続いています。富山地鉄の高架化が完成する最終形まではあと7~8年はかかるそうです。

  富山駅の在来線改札は新幹線改札もある南口とそうではない北口があります。北口は近年こそ開発が進んで富山ライトレールが乗り入れ、オフィスビルや公共施設が建ち並んでいますが、かつては簡素な駅舎に人気がなく閑散としていました。

f:id:imadegawa075:20181113001212j:plain (富山駅北口)

 しかし、北陸新幹線開業前は北口にもみどりの窓口がありマルス端末が設置されていました。あいの風とやま鉄道に移管された現在はどうなったかと言うと、有人窓口自体は残っています。ただし、マルス端末は撤去され、代わりにあいの風の自社端末があります。そこで自社関連とJR高山線猪谷駅までの乗車券を発売しています。

 それ以外のJRのきっぷの購入ややe5489などネット予約の受け取りは、写真左側の券売機スペース右端に置かれている「みどりの券売機」(MV50型)ですることになります。移管当初は「みどりの券売機」の設置がなく、窓口で取り扱いできないきっぷについては南口に誘導していましたが、一昨年2月に設置されています。

f:id:imadegawa075:20181112234723j:plain

f:id:imadegawa075:20181112234157j:plain

 富山駅北口のMV50型で受け取ったe5489のきっぷです。発売箇所表記は「富山北口MK1」となっています。マルス端末があった頃は「富山駅ー北口@7」となっていて、北口という独特の表記が継承されています。

f:id:imadegawa075:20181113001201j:plain (通行券)

 ちなみに当日富山駅を出発する新幹線のきっぷを北口改札の係員に呈示すると、駅構内を通って新幹線改札のある南口に抜けられる「通行券」なるものが貰えます。移管当初はこの制度はなく、遠回りとなる地下道経由の行き来を強いられたようですが、利用客の要望を受けて融通を利かせたようです。

 来年春にはあいの風とやま鉄道の下り線の高架化が完成し、南北を結ぶ仮通路が開通する予定です。そうなると北口は廃止となる可能性が濃厚ですので、懸案のある方は今度こそお早めに...。

ME4型端末

 昨年5月にJR東日本のMEX型端末の後継にあたるME4型端末が登場しました。JR東日本の自社専用端末としてはME→MEM→MEX→ME4と連なる系譜の4代目になります。


The Staff-operated terminal - MR-52 - demonstration video

 端末の外観はMR52型と似たような灰色のタッチパネル型の端末です。外観での見分け方は右側のテンキーが外付けっぽいものがMR52型、ディスプレイと一体になっているものがME4型になります。この映像は鉄道情報システム(株)が海外向けに公開しているMR52の映像です。

f:id:imadegawa075:20181107221138j:plain

 こちらが私が初めて入手したME4型端末で発券されたきっぷです。錦糸町駅にはこの日に入ったばかりでした。発売箇所表記は「錦糸町駅E1」で、ME4型端末のきっぷはという表記になっています。

 また、MR32→MR52になって印字が太くなりましたが、MEX→ME4でも同様の進化が見られました。MEX型端末は感熱印字な上に印字が細いのが好みではなく、集める意欲が薄れていたんですが、これだけ太ければ感熱印字でも集めてもいいかなと思っています。

 MEX型端末が登場したのは平成20年で、ちょうど10年前になります。ME4型端末は導入から一年ちょっと経っていますが、支社によって置き換えペースに差があります。高崎支社は全てME4になり置き換えが完了していますが、仙台支社はMEX型端末がまだ3~4割程度残っていて混在状態が続いています。ただ、何となくですが遅くとも今年度中には置き換えが完了するような気がします。