相模線合理化

相模線合理化

 相模線の営業体制の合理化が急ピッチで進んでいます。もともと利用客が両端の橋本・茅ヶ崎寄りに集中する傾向があったため、中間駅の営業体制は若干手薄でした。それでも大半の駅にはPOS窓口はあって、日中は係員がいる状態が続いていました。

 下の表は相模線の営業体制の時系列での推移です。各月末日の状態を示しています。セルに色が付いているのは何かしらの窓口がある状態です。セルが白い青字は係員はいる状態、赤字無人状態を表します。

  H19/5  H19/6  H24/3  H26/12  H28/2  H28/3 
橋本 みどり  みどり  みどり  みどり  みどり  みどり 
南橋本  みどり  みどり  出札なし  出札なし  出札なし  出札なし 
上溝  みどり  みどり  みどり  みどり  みどり  出札なし 
番田  POS  POS  POS  POS  POS  遠隔
原当麻  POS  POS  POS  POS  POS 出札なし 
下溝  POS  POS  POS  出札なし  出札なし  遠隔 
相武台下  POS  POS  POS  出札なし  出札なし  遠隔 
入谷  無人  無人  無人  無人  無人  無人 
海老名  みどり  みどり  みどり  みどり  みどり  みどり 
厚木  社線委託  社線委託  社線委託  社線委託  社線委託  社線委託 
社家  POS  POS  POS  出札なし  出札なし  遠隔 
門沢橋  出札なし  出札なし  出札なし  出札なし  出札なし  遠隔 
倉見  POS  POS  POS  POS  遠隔  遠隔 
宮山  POS  POS  POS  出札なし  遠隔  遠隔 
寒川  みどり  みどり  みどり  みどり  みどり  みどり 
香川  みどり  みどり  みどり  みどり  出札なし  出札なし 
茅ヶ崎  みどり  出札なし  出札なし  出札なし  出札なし  出札なし 
茅ヶ崎  みどり  みどり  みどり  みどり みどり  みどり 

 平成19年6月の北茅ヶ崎駅、平成24年3月の南橋本駅みどりの窓口が閉鎖されましたが、POS窓口の合理化は手つかずでした。ちょうどJR東日本の社内でも都市部のみどりの窓口の閉鎖に注力していた時期でした。

 そんなPOS窓口の体制が大きく動いたのは平成26年12月でした。一気に4駅のPOS窓口が閉鎖され、改札のみの駅となりました。さらに今年2月~3月にかけて上溝・香川のみどりの窓口と、残っていた3駅のPOS窓口が一気に閉鎖されました。これによりPOS窓口はすべてなくなり、出札がある中間駅は海老名・寒川の2駅だけになってしまいました。

Kurami_inside (倉見駅窓口)

 POS窓口が閉鎖になる前日の倉見駅へ行ってきました。倉見駅は神奈川県寒川町にあり、駅のすぐ南で東海道新幹線と交わります。以前はここに東海道新幹線の新駅を造る運動もありました。私は湘南地域に住んでいた頃、東海道線~中央線の行き来によく相模線を利用していました。ただ、海老名駅以外は途中駅で乗り降りすることはなく、倉見駅も初めて降りました。

Kurami_nujo

K0826

 入場券と2日後に使う予定だった自由席特急券を購入しました。駅員はどこか手持無沙汰だったようで、窓口でこちらの顔を見るなり「入場券?」と聞いてきました。私にそういう雰囲気が出ていたのかは分かりませんが、POS窓口閉鎖を前に買いに来る人が多かったようです。

Kurami_keiji (倉見駅掲示

 倉見駅には「簡易発売窓口の営業終了について」という掲示がありました。2月12日で窓口営業を終了し、定期券は2月21日から設置する多機能券売機で購入できるようになる旨が記載されていました。上の窓口の写真の青いパネルがはまっている部分が多機能券売機を設置するスペースです。

 その後、2月21日に多機能券売機が設置されると同時に倉見駅は隣の宮山駅とともに、茅ヶ崎駅の遠隔管理のもとで無人されました。遠隔管理は昨年3月に同じJR東日本横浜支社管内で伊東線中間駅に導入されて以来です。私が訪ねたPOS窓口閉鎖前日の時点で、9日後の無人化の案内はありませんでした。

 相模線はもともと非電化のローカル線でしたが、沿線人口の増加に伴って平成3年に電化されました。その後、順調に輸送人員を増やしていましたが、平成21年から減少に転じています。そんな中で合理化が必要という判断をしたんだと思いますが、通勤通学輸送が主体の相模線でも伊東線と同じことをやったのは驚きを禁じ得ませんでした。

管理駅  被管理駅 
橋本  南橋本~相武台下、社家、門沢橋 
茅ヶ崎  倉見~北茅ヶ崎 

 ちなみに遠隔管理は茅ヶ崎駅のほか橋本駅でも行われ、管理・被管理の関係は上の通りとなっています。橋本駅の被管理駅である番田・下溝・相武台下・社家・門沢橋の各駅でも3月13日より無人化が実施されます。また、無人化されなかった駅でも早朝無人化は実施されているので、早朝の無人時間帯は無人駅と同じような遠隔管理を行うことになっています。

Sagami205 (下溝駅)

 相模線はワンマン運転は行っておらず、車掌が乗務しています。ただし、車掌はドア扱いのみで、私が見る限り集札や車内改札は行っていません。また、遠隔管理となった駅に自動改札を設けたわけではなく、改札はそのままで係員がいませんからスルーパスです。悪いことをしてもバレません。

 短期的には人件費や端末リース料の節約にはなるでしょうが、運賃を払って電車に乗るという当たり前の行為を蔑ろにするモラルハザードを誘発するような気がしてなりません。JR東日本の経営陣は自分の在任中の業績さえ良ければ問題ないと考え、そういった長期的な損失までは興味がないのでしょう。