ライラック復活

ライラック復活

 昨年12月16日にJR各社で今年3月4日実施のダイヤ改正の概要が一斉に発表されました。ここ数年、寝台列車の廃止や新幹線の開業が続いていましたが、今年はそういった動きもひと段落し、全般的に小幅な動きとなったように思います。

 その中でもっとも大きな動きがあったのはJR北海道だと思います。札幌~稚内・網走間の一部特急列車の区間短縮、札幌~旭川間に津軽海峡線を走っていた789系0番台の投入、利用の少ない駅の廃止など報道等で事前に分かっていた部分はありますが、それについて後追いで正式発表があったという感じです。

785+789-1000 (785系と789系:旭川駅) 

 札幌~旭川間の特急列車は785系が撤退する代わりに789系0番台が投入され、10年ぶりに特急「ライラック」の愛称が復活します。既存の789系1000番台は「スーパーカムイ」からスーパーが取れて「カムイ」に改称されます。0番台と1000番台の違いは前者はグリーン車ありの6両編成で、後者はグリーン車なし「uシート」付きの5両編成です。

 789系0番台は昨年3月21日の特急「スーパー白鳥」の運転終了後、函館運輸所に集められ留置されていました。しばらく動きがない状態でしたが、少しずつ札幌の苗穂工場に回送され改造工事を進めています。

 ただ、ちょっと気になるのは、今は785系と789系(1000番台)とで編成が共通なため共通運用できていますが、以下のように789系0番台と1000番台とでは編成が異なるため、共通運用ができなくなります。輸送障害が発生した際には柔軟な対応ができなくなる危惧はあります。

【ライラック(0番台)】

][][/自][/自][自][自]

(←旭川)              (札幌→)

※サロベツ・大雪と接続する列車は3号車は指定席。4号車も指定席になる場合あり。

【カムイ(1000番台)】

[自][自][自][指(uシート)][自]

 また、0番台の普通車は指定席・自由席とも設備は同じだそうですが、1000番台は指定席(uシート)と自由席は明確に区別されていて、座席はゆったりしています。それにuシートにはコンセントもあります。普通車指定席を利用する場合は1000番台の「カムイ」を選んだ方がいいように思います。

G1600

 このきっぷは昨年3月の「スーパー白鳥」最終日に乗車した時のものです。最初で最後と思い、奮発してグリーン車にしました。旅の疲れも多少あったのかもしれませんが、1-2列の座席や広々とした足元は非常に快適で、最後だったのが名残惜しかったのを覚えています。

 道央に転用するのであれば、1000番台と共通運用できるようにすべくグリーン車がなくなるかもしれないと思っていたんですが、こうして残りました。また乗るという楽しみが残ったのは個人的には嬉しいです。