北越急行地図式補充券

北越急行地図式補充券

E1067

 このきっぷは北越急行で発売されていた地図式の補充券です。北越急行の唯一の有人駅である十日町駅で購入した犀潟接続の十日町春日山の片道で、北越急行→JRの連絡券です。北越急行の連絡運輸の範囲が広範囲だったため、金沢・大阪・名古屋・仙台といった遠方の駅も見られます。

 地図式補充券は昔はJRにもありましたが、今ではほとんど見かけなくなりました。常用しているのはおそらく富士急行ぐらいでしょうか。その富士急でも端末を導入する計画があるらしいという噂があるので、絶滅寸前と言っていいと思います。

 昨年3月の北陸新幹線金沢開業により、首都圏と北陸を結び北越急行の利益の大半を稼ぎ出していた特急「はくたかが廃止となりました。それに伴って連絡運輸の範囲を大幅に縮小し、JR東日本JR東海を除くJR会社との連絡運輸を打ち切っています。そのためか、この地図式補充券もお蔵入りとなった模様です。