続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

えちごツーデーパス拡大

えちごツーデーパス拡大

 昨年3月の北陸新幹線金沢開業に伴い、並行在来線とされる長野~直江津~金沢間の在来線はJRから第三セクター会社に移管されました。そのうち、信越線・妙高高原直江津間と北陸線・市振~直江津はえちごトキめき鉄道に移管されました。

 「えちごツーデーパス」信越線部分の妙高高原直江津間をフリーエリアに含んでいましたが、JRから分離されたので、「えちごツーデーパス」のフリーエリアはどうなるかな?と注目していました。

 結論から言うと、妙高高原直江津間はフリーエリアに残り、さらに今までフリーエリア外だった市振~直江津間が新たに加わりました。言わばえちごトキめき鉄道も全線利用できるようになりました。さすがにJR西日本管内となる北陸新幹線上越妙高以西や大糸線は含まれませんが、これでほぼ「えちご」を網羅できるまでになりました。

N0413 (拡大前)

N0490 (拡大後)

 今年6月になってようやく利用する機会がありました。きっぷの券名の下が(JR・北越急行線 乗車券)から(JR・北越急行・えちごトキめき)という印字に変わっています。

 発売箇所はJRのフリーエリア内の駅・旅行会社以外にも、糸魚川駅を含むえちごトキめき鉄道マルス(ビジネスえきねっと)設置駅でも購入でき、JR時代の利便性は保たれています。

 JR東日本管内ではトクトクきっぷは縮小傾向にあるので、おそらく「えちごツーデーパス」のフリーエリアから妙高高原直江津間は除外されると思っていましたが、いい意味で裏切られました。在来線での富山方面へのアプローチにも使えます。120円の値上げについては拡大されたフリーエリアを使うかどうかで意見が異なるので、言及は避けます。