青い森鉄道端末券

青い森鉄道端末券

 青い森鉄道の有人駅にはきっぷを発券する窓口端末があります。平成14年12月に目時~八戸間が先行開業した際には窓口端末はなかったんですが、平成22年12月に全線開業した際に全有人駅に設置されました。

E1162

 こちらは八戸駅の窓口端末で発券した青森接続の青い森鉄道→JRの連絡券です。ご丁寧に駅名の上部に会社が表記されています。そして、矢印の▲のデカさがどうしても目立ちます。

 連絡運輸範囲内の100Kmまでの区間とIGR盛岡駅までであれば券売機でも購入できるんですが、101Kmを超えているので窓口での取り扱いになります。区間内での途中下車も可能で、JRの自動改札機も途中下車に対応していました。

 なお、土休日であれば青い森鉄道が全線で利用できる「青い森ホリデーフリーきっぷ」が2060円で発売されていますので、この区間を当日中に移動するのであればそちらの方が安上がりになります。(青森~津軽新城間の運賃は190円)

B0530

 なお、八戸駅はJR八戸線を含めた在来線の改札業務を青い森鉄道が担当しています。在来線改札にJRの発券端末はないので、青い森鉄道の窓口端末で八戸線の乗車券が購入できます。上の券と様式は変わりませんが、駅名の上部の会社が両方とも「東日本会社線」となっていて、JR単独券ということが分かります。

 野辺地駅でもJR大湊線の改札業務を受託しているため、同様のJR単独券が発券できるものと思われます。