DL南房総

DL南房総

◆種別:快速

区間:館山→勝浦

Dlminamiboso2 Mimamibosomaku

 昨年と同様、快速「SL南房総」号とセットで快速「DL南房総」号も運転されました。区間は館山→勝浦間で「SL」の往路として運転されました。昨年は館山→木更津間の復路だったので、今年は往復逆転しています。

 乗車2日前の夜に首尾よく「SL」の指定券が取れてたので、「SLですら取れたからDLなら楽勝かな~」という全然根拠のない自信を元に別の駅の指定席券売機で空席照会してみました。

I0317

 …こういう時の感触って意外に当たるものです。実際に乗ろうと考えていた千倉→安房小湊間は(空席少)で、満席になっていませんでした。もちろん即購入しました。そして、家に帰ってから気づいたんですが、往復とも「5号車4番A席」でまったく同じ席になっていました。まったく別の駅で購入したのですごい偶然です。

         東京    館山     千倉

さざなみ1号  6:45 → 8:34

                  ↓

DL南房総          9:00 → 9:19/9:37 → 勝浦へ…

                           ↑

さざなみ3号  7:30 → 9:22 → 9:35 

 館山駅から乗車する場合は東京駅を6:45に発車する特急「さざなみ1号」に乗る必要がありますが、千倉駅からだと45分後に発車する「さざなみ3号」でギリギリ追いつくことができます。私は早起きがとにかく苦手なので後者にしました。朝の45分差は大きいです。

 客車はSLと同じJR東日本高崎車両センターの12系客車で、機関車は宇都宮運転所のDE10-1202でした。「SL」と同様に去年より乗車率(この場合、指定券の売れ行きではなく、実際に座っている人の割合)は良好でヲタの割合が少なかったように見えました。

Slminamiboso_back (引っ張られるSL)

 勝浦駅にはターンテーブルがないため、編成後部にSLを連結した状態で運転されました。この写真は外房線行川アイランド駅を通過したところを撮影したものです。引っ張られているSLには前照灯が灯っておらず、反射板が取り付けられています。火は入れられていたので時折煙を吐いていましたが、無動力だったと思われます。復路に取り付けられた「SL」のヘッドマークはこの時点では取り付けられていません。

 一番上の写真は外房線安房小湊駅で撮影したものです。