続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

SLニセコ

SLニセコ

◆種別:快速

区間:札幌~蘭越

 函館線の長万部倶知安~小樽間は三つの峠を越えるため通称「山線」と呼ばれています。長万部~札幌間は小樽廻りの山線の方が距離が短いですが、急勾配・急曲線のせいで所要時間は余分にかかります。かつては急行「ニセコ特急「北海」などの定期優等列車が走っていましたが、昭和61年までに全て廃止となりローカル列車のみの運転となっています。急行「ニセコは札幌~函館間を山線経由で運転されていた列車で、国鉄最後のSL牽引急行列車として有名です。

I0365

 JR化された昭和63年に、SL時代のニセコで使われ、廃車後は北海道鉄道記念館に保存されていたC62を復活させ、小樽~倶知安間で快速「C62ニセコ」号として運転を開始しました。好評を博したようですが、機関車の不調により平成7年秋に運転終了となっています。その後はSLを小型のC11に変更し、4年半のブランクを経た平成12年から快速「SLニセコ」号として運転され現在に至ります。

 C11は小型で非力なため、ディーゼル機関車(DL)の助けを借りて峠を越えます。また、煙の問題からか札幌~小樽間はSLは無煙状態でDLが牽引します。客車は旧型客車4両で、うち1両はカフェカーです。以下のような感じで機関車を頻繁に付け替えます。下りの札幌行きはSLが逆向きで運転されます。

【上り:蘭越行】

Slniseko1小樽駅

札幌~小樽:[客1][カフェ][客3][客4][SL)[DL]  (進行方向→)

Slniseko2蘭越駅)

小樽~蘭越[DL][客1][カフェ][客3][客4][SL)  (進行方向→)

【下り:札幌行】

Slniseko3 (昆布駅)

蘭越倶知安:(←進行方向)  [DL][客1][カフェ][客3][客4][SL)

Slniseko4小樽駅

倶知安~小樽:(←進行方向)  [SL)[客1][カフェ][客3][客4][DL]

Slniseko5小樽駅

小樽~札幌:(←進行方向)   [DL][SL)[客1][カフェ][客3][客4]

 車両はいずれもJR北海道旭川運転所所属のものです。平成18年に「SLすずらん」が運転終了してからは旭川近辺でSLが運行されることは少ないですが、車両配置は旭川のままです。

 私は前日に往復とも指定を取ることができましたが、いずれも残席1桁でした。指定席が設定されている区間は札幌~倶知安間で、倶知安蘭越間は全車自由席になります。行くと決まれば早めに押さえるに越したことはないでしょう。ちなみに指定席料金は大人800円です。紅葉を期待して乗ったんですが、ちょっと早すぎました。

 なお、指のみ券になっているのは「SLニセコフリーきっぷ」と併用したためです。札幌発のみの設定ですが、「SLニセコの往復指定券とフリー区間(小樽築港~蘭越間)までの往復がセットになって3600円です。札幌近辺から利用する場合は断然安上がりになります。このきっぷについては別の機会に紹介します。

【補足:15/7/5】

 「SLニセコ」は平成26年秋シーズンで運転を終了しましたので、カテゴリーを追加しています。