続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

山かいじ

山かいじ

種別:特急

区間:立川→小淵沢(片道のみ)

 昨年の夏休み前半の土曜日に運転された特急「山かいじ」は登山客目当てに設定された臨時列車ですが大変個性的でした。まずはダイヤです。 

  山かいじ号
立川 5:10発
八王子  5:18発
大月 5:47発
塩山 6:08発
甲府 6:25発
韮崎 6:37発
小淵沢 7:01着

 中央線特急と言えば新宿始発が相場ですが、この列車は立川始発です。おそらくですが、これはJR東日本特有の支社間の縄張りの問題で、他支社に絡まない八王子支社で完結する範囲で設定せざるを得なかったんじゃないかと踏んでいます。

 そして、登山に便利なように朝早く着きたいのは分かるんですが、いくら何でも5時台前半発は早すぎやしないかと思いました。そこで立川・八王子からこの列車に乗車できる範囲の駅を調べてみました。 

◆立川(5:10発)

  • 中央線:中野~国立
  • 南武線:登戸~西国立
  • 青梅線:青梅~西立川

◆八王子(5:18発)

  • 中央線:日野、豊田、西八王子、高尾
  • 横浜線:橋本~片倉

 たったこれだけの駅です。東京23区の大部分や横浜市内、北部以外の川崎市内からの利用客を放棄しています。これだけの駅からの乗客で列車を満席にできると考えたんでしょうか?車で立川や八王子に行って駐車場に車を置くぐらいだったら目的地まで車で行ってしまうと思います。

f:id:imadegawa075:20190602004228j:plain

当日AM5:02現在の空席照会画面:八王子駅 2018/8/11

 当日の八王子駅の指定席券売機の空席照会画面です。八王子発7時台の特急列車は4本(定期1本・臨時3本)とも指定席・グリーン席とも満席になっていて、朝早い甲信方面の特急に旺盛な需要があるのは分かります。しかし、「山かいじ号」だけは〇となっています。この差はやっぱり朝早すぎたとしか考えられません。

f:id:imadegawa075:20190602003621j:plain

 私はちょうど山の日である8月11日に乗車しました。3時半に起きて車で横浜線・橋本駅へ行き、コインパーキングに車を置いて始発電車で八王子に行きこの列車に乗車しました。町田始発の電車では3分差で間に合いませんでした。 

f:id:imadegawa075:20190602013255j:plain

山かいじ号:八王子駅 2018/8/11

 車両はJR東日本幕張車両センター所属(豊田車両センター駐在)のE257系500番台でした(直前に山登りのおっさんに割り込まれて台無しですが)。5両編成が全車指定席で私の車両は数人しか乗っていませんでした。途中の大月や甲府で降りたのかもしれませんが、終点の小淵沢まで乗っていたのは全体でも20人もいなかったように見えました。

 先日発表された今夏の臨時列車情報に「山かいじ号」やそれに相当する列車は設定がありませんでした。昨年の敗因は立川始発だったのと、朝が極端に早すぎたせいだと思います。

  妄想
山かいじ号
新宿 5:30発
立川  5:55発
八王子 6:00発
甲府 7:00発
小淵沢 7:35発
松本 8:35発
信濃大町  9:10着

 仮に「山かいじ号」がこれぐらいのダイヤで、旅行会社に営業かけていくつかの登山雑誌に広告でも出しておけば、一躍人気列車だったと思います。今さらヲタの妄想でしかないですが。