続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

豊予海峡横断きっぷ(別府港)

 以前紹介した「豊予海峡横断きっぷ」ですが、宇和島運輸フェリーの別府港でも発売されています。JR九州は関与してなさそうだったので、どういうきっぷになるか密かに注目していました。 まず、別府港からこのきっぷを利用するには乗船前日までに別府港への電話予約が必要です。このきっぷを使う旨と人数・乗船日・乗船予定便を連絡すると、予約番号が伝えられます。この段階で支払いは不要です。

f:id:imadegawa075:20190607000005j:plain

宇和島運輸フェリー別府港 2019/1/1

 当日の別府港では乗船名簿に記入したうえで、窓口で予約番号を申し出ればOKです。支払いはその時に行います。現金のみの扱いです。

f:id:imadegawa075:20190606234651j:plain

 JR券はこんな感じです。マルスの前出し券かと思ったら常備券でした。JRの常備券のトクトクきっぷの様式を踏襲し左上に[四]の社名記号が入っていますが、JR-Sの地紋はなく薄い黄緑色の無地紋で、違和感モリモリです。決してスキャンに失敗したわけではありません。それと発売額の記載がないのが不思議です。フェリーの乗船券はこれとは別に機械で発券されています。

 前日までに予約が必要なので、予約を受けた分を八幡浜駅のマルス端末で発券し、きっぷをフェリーに載せて別府港に運び窓口で発券しているのかと思いましたが、見てのとおりの常備券でした。でも、それだったらなぜ前日までの予約が必要なんだろうか?と思いました。宇和島運輸フェリーで徒歩乗船(≒車両を伴わない乗船)する場合は予約不要なので、窓口に常備券をある程度の枚数ストックしておけば予約なしでも対応できるような気がします。