続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

静岡DC伊豆フリーきっぷ

 今年4月から6月まで開催されている「静岡ディスティネーションキャンペーン」(以下「静岡DC」)に合わせて「静岡DC伊豆フリーきっぷ」が3日間有効の4,000円で発売されています。

 発売条件は「EX予約」もしくは「スマートEX」で豊橋~博多間の駅から、熱海・三島駅まで利用した場合です。昨年発売された「愛知DCフリーきっぷ」のような早特商品縛りの条件がなくなり、だいぶ利用しやすくなっています。

 フリーエリアは以下のとおりです。特急列車を利用する場合は別途特急券が必要です。(伊豆箱根鉄道線内の「踊り子」は不要)

  • 伊東線:熱海~伊東
  • 東海道線:熱海~三島
  • 伊豆急線:伊東~伊豆急下田
  • 伊豆箱根鉄道:三島~修善寺
  • 東海バス:修善寺駅~天城峠~河津駅、修善寺駅~土肥温泉~下田駅

 きっぷ名に「伊豆」が入っているので鉄道は網羅していますが、それを補完するバス路線がちと貧弱です。東海バスの伊東市内の路線や伊豆箱根バスは利用できません。

f:id:imadegawa075:20190512001930j:plain

河津ループ橋と東海バス 2019/5/6

 東海バスの下田市内の路線も首都圏で発売している「南伊豆フリー乗車券」と比べても手薄なのは一目瞭然です。静岡DCは県を挙げての観光キャンペーンですから、もう少し頑張って欲しかった感はあります。

 購入するためにはIC利用の場合は入場時の改札機から吐き出される「EXご利用票(座席のご案内)」を、きっぷの場合は引き換え時に交付される「ご利用票」を窓口に呈示する必要があります。

f:id:imadegawa075:20190511015202j:plain

 購入すると「ご利用票」はこのように押印されて返却されます。発売可能なのは「EX予約」もしくは「スマートEX」を利用した人数分限りで1回のみです。熱海・三島駅に到着した当日もしくは翌日から使用開始になります。

f:id:imadegawa075:20190511015619j:plain

 きっぷは意外や85mm券でした。当然自動改札機は使えるものだと思い、伊豆箱根鉄道の改札機に突っ込んでみたところ、見事に弾かれました。券面かご案内券に一言書いといて欲しいものです。

f:id:imadegawa075:20190512001318j:plain

伊豆箱根鉄道軌道線復刻色:三島駅 2019/5/6

f:id:imadegawa075:20190512001612j:plain

旧天城トンネル 2019/5/6

 私は三島→修善寺→下田→熱海の回り方で利用しました。修善寺駅からバスに乗って天城峠に向かい、徒歩で天城越えをしました。途中、歌詞にも出てくる「浄蓮の滝」を通りかかってテンションが上がりました。その後、河津ループ橋を通って河津七滝を見て、河津・下田に抜けて特急「踊り子」で帰りました。

 実質1日しか使いませんでしたが、東海バスと伊豆急の運賃が高いため、損しない程度には使えました。

【ひとこと】

 平成25年10月で「伊豆フリーQきっぷ」が発売終了になって以来、列車と伊豆全体のバス・鉄道が利用できるきっぷがなく、以降JR東日本が東伊豆、JR東海が西伊豆という縄張りが明確化された印象です。このきっぷはバスのフリーエリアについてはイマイチだと思いますが、西伊豆・東伊豆が両方使えると言う点で意義があったと思います。

使い勝手:★★★☆☆

お得感:★★☆☆☆

当日発売:あり(熱海・三島駅に到着した当日か翌日)

小児用:あり