マツダ乗車票(端末券)

 12年も前の記事でも「マツダ乗車票」を取り上げていました。その頃は黄緑の常備券で「のぞみ」は利用不可でした。

 現在ではこのような旅行業端末からの発券になって、乗車券部分と特急券部分が分かれています。

f:id:imadegawa075:20190112192018j:plain

f:id:imadegawa075:20190112192101j:plain

 「のぞみ」は利用できるようになりましたが、九州新幹線に直通する「みずほ」・「さくら」の利用はできません。あと、端末化に伴って会社のロゴがなくなっているのは仕方ないところですかね...。

 社内的には「マツダ切符」と呼ばれているようで、広島(市内)発着で博多以外にも東京・新横浜・名古屋・京都・新大阪・岡山といった主要駅や、三次・防府といったマツダの拠点がある駅まで幅広くあります。

 また、栞には「マツダグループの社員・OB・ご家族・マツダ(株)に来社される関係者の皆様がご利用できます」と記載があり、社用で利用する社員以外も取引先や見学者でも(?)利用できるようです。

 取扱いは発着駅近辺のJTBの一部支店で、指定席用で指定席を利用する場合でもその店舗で指定を取らないといけないようで、JR駅では指定の取り消ししか取り扱わないそうです。