JR東日本

スーパーバリュー75+秋田フリーきっぷ

JR東日本とANA(全日空)が共同で秋田への誘客を図り、新たな観光流動拡大を目指すということで、秋田の周遊に便利なきっぷを発売することになりました。 今年1月23日~3月30日の間にANAの「ANA SUPER VALUE 75 & JRきっぷAKITA」という運賃で秋田空港もし…

東京発はやての終了

はやて119号 区間:東京~盛岡 運転終了日:2019年3月15日 東北新幹線「はやて」は「やまびこ」の速達型として平成14年12月の八戸延伸開業の際に誕生しました。愛称は公募で募集したんですが、「はやて」はトップ10には入っていませんでした。わざわざ公募し…

都区内パス(ありがとう平成)

4月12日から4月30日まで発売の「都区内パス」に(ありがとう平成)のメッセージが印字されています。マルス端末および指定席券売機で発券されたものが対象で、オレンジのきっぷが出てくる黄緑の近距離券売機や黒の多機能券売機は対象外です。 ありがとう平成…

風っこ奥久慈清流ライン

風っこ奥久慈清流ライン ■種別:快速 ■区間:水戸~常陸大子 快速「風っこ奥久慈清流ライン」号は春・夏・秋の不定期で水戸~常陸大子間で運転されています。小牛田運輸区の「風っこ」が水郡線に来ることはそんなに多くないですが、直近では昨年11月に運転さ…

富士回遊

富士回遊 ■種別:特急 ■区間:新宿~河口湖(1日2往復) 特急「富士回遊」は先の3月16日のダイヤ改正から新宿~河口湖間で運転されている特急列車です。それまで「ホリデー快速富士山(河口湖)」や「成田エクスプレス」の延長運転など新宿~河口湖の直通列…

中央線の座席未指定券

先の3月16日のダイヤ改正で中央(東)線特急が全車指定席化され特急料金体系が変更されました。自由席がなくなる代わりに指定席の特急券と同額の座席未指定券が発売されるようになっています。 こちらがマルスで発売された座席未指定券です。乗車日の右に「…

ビジネスライナー(常磐線)

平成28年春のダイヤ改正で常磐線特急が全車指定席化され、自由席がなくなりました。そのタイミングで「ひたち回数券」や「フレッシュひたち料金回数券」といった常磐線沿線で設定されていた特急回数券は全廃されました。 ただ、なくなったのは個人向けの話で…

E351系1周忌

今日はJRグループのダイヤ改正日です。個人的にはやはり中央線特急の全車指定席化とE353系への車両統一が一番身近なトピックです。 1年前の今日はE351系の定期運行最終日でもありました。E351系の後継となったE257系も今日のダイヤ改正で中央線特急の定期…

千葉方面トクだ値

昨年3月のダイヤ改正の際に房総特急の全車自由席の列車に対して、指定席車両を設定し、全列車に指定席が設定されました。 それに伴って「えきねっと」の「トクだ値(料金券のみ)」が新たに追加されました。この「トクだ値」は発車の6分前まで購入できるので…

相模原運輸区チケッター

相模原運輸区は平成28年4月に東神奈川電車区・車掌区を改組してできた新しい区所です。車両配置はなく、運転士と車掌が所属します。乗務範囲は横浜線・東神奈川~八王子間と横浜線が直通運転を行う京浜東北根岸線・東神奈川~大船間です。 横浜線も京浜東北…

中央ライナー・青梅ライナー特急化

3月16日のダイヤ改正で「中央ライナー」と「青梅ライナー」が特急化され、それぞれ特急「はちおうじ」、特急「おうめ」になります。 「はちおうじ」号は東京~八王子間に統一され、高尾までの運転はなくなります。また、「おうめ」号の下りは3本から1本に減…

おはようライナー廃止へ

おはようライナー ■種別:快速 ■区間:塩尻→長野(片道1本) 今年3月16日のダイヤ改正で平日朝に塩尻~長野間で運転されている「おはようライナー」がついに廃止されることになりました。 おはようライナー号:信越線・川中島~安茂里 2017/8/16 「おはよう…

越生駅無人化へ

越生(おごせ)駅は埼玉県越生町にあり、JR八高線と東武越生線が乗り入れる共同使用駅です。越生町は埼玉県のほぼ中央に位置し、梅林で有名な町でもあります。 越生駅西口駅舎 2018/1/20 越生駅はJRが駅を管理しJRの駅員がいます。東武の駅員はいませ…

あずさ・かいじ全車指定席化

昨年末、JR各社から今年3月16日ダイヤ改正の概要が発表されました。中央線の特急は「スーパーあずさ」を廃止し「あずさ」に統合するとともに、「中央ライナー」および「青梅ライナー」の特急化が盛り込まれていました。 E353系のスーパーあずさ23号:高尾…

ときわ路パス小児券

土曜休日に1日2,150円で茨城県内のJR線および私鉄が1日利用できる「ときわ路パス」は現在のフリーエリアになって3年が経ちます。安くてフリーエリアが広く、当日購入もできるので私個人的には大変重宝しています。欲を言えば期間限定ではなく通年発売して…

鎌倉・江ノ島パス英語版

7年前に「鎌倉・江ノ島フリーきっぷ」から「鎌倉・江ノ島パス」に改悪されてめっきり使うことがなくなりました。今の「鎌倉・江ノ島パス」はエリア内でしか発売しないのが痛いです。 私は9年前まで鎌倉市民でした。最近の鎌倉江ノ島界隈はいつ行っても観光客…

ばんえつ物語区間短縮

昨年まで新潟~会津若松間で運転されていた快速「SLばんえつ物語」号ですが、今年の運転から新津発着に短縮されました。平成11年の運転当初から平成13年までは新津発着だったので、16年を経て元に戻ったことになります。 SLばんえつ物語号:信越線・亀田 201…

原宿駅臨時改札チケッター

山手線・原宿駅は竹下通りや表参道に近く、若者やファッションの街としても有名ですが、明治神宮の最寄駅でもあります。明治神宮には毎年300万人(!)もの初詣客が訪れるそうです。 右側が原宿駅臨時ホーム 2018/1/3 原宿駅のホームは1面2線の島式ホームで…

富士山号

富士山号 ◆種別:快速 ◆区間:新宿~河口湖 快速「富士山」は平成28年7月から新宿~河口湖間で運転されている臨時列車です。土休日に運転されている「ホリデー快速富士山」や「山梨富士」号と大した違いはありませんが、金曜日のみの運転であること、全車指…

えちごトキめき鉄道マルス

昨年4月からえちごトキめき鉄道(以下「トキ鉄」)の春日山・高田・新井・妙高高原の4駅にマルス端末(MR51型)が設置されました。それまでは「えきねっと」の法人向け端末である「ビジネスえきねっと」が設置されていました。 復習になりますが、「ビジネス…

八戸えんじょいカード

「八戸えんじょいカード」は八戸市内の指定された交通機関が1日利用できるフリーきっぷとクーポン付きのガイドブックがセットになったきっぷです。フリーエリアは以下のとおりです。 【フリーエリア】 八戸線:八戸~種差海岸 八戸市内の八戸市営バス・南部…

ME4型端末

昨年5月にJR東日本のMEX型端末の後継にあたるME4型端末が登場しました。JR東日本の自社専用端末としてはME→MEM→MEX→ME4と連なる系譜の4代目になります。 The Staff-operated terminal - MR-52 - demonstration video 端末の外観はMR52型と似たような灰色…

年号の西暦化1

再開第一弾はきっぷの年号の西暦化についてです。たぶん何回かに分けて書くと思います。 JRのきっぷに印字される発行日の年は和暦でしたが、時事通信の記事によるとJR東日本で昨年12月から、JR西日本で今年2月から券売機で発券したきっぷを順次西暦化…

青い森鉄道端末券

青い森鉄道端末券 青い森鉄道の有人駅にはきっぷを発券する窓口端末があります。平成14年12月に目時~八戸間が先行開業した際には窓口端末はなかったんですが、平成22年12月に全線開業した際に全有人駅に設置されました。 こちらは八戸駅の窓口端末で発券し…

町田駅使用済印

町田駅使用済印 横浜線・町田駅の使用済印が新しいものになったので、過去のものとともに紹介します。 以前の無効印は上のきっぷのようなごく普通の二段組みの「無効 (横)町田駅」という印でした。 町田駅は昭和55年4月に原町田駅から改称しています。現在…

山手線内均一回数券

東京山手線内均一回数券 部屋の掃除をしていたら、未整理のきっぷが大量に出てきました。自分で「こんなもん持ってたんだ」と思うようなものもありましたので、整理の過程で少しずつ紹介していきます。 こちらのきっぷはかつて発売されていた「東京山手線内…

万座・鹿沢口駅無人化

万座・鹿沢口駅無人化 (万座・鹿沢口駅駅名板) 吾妻線・「万座・鹿沢口」駅は国鉄の駅名に初めて中点「・」が入った駅です。駅の近くに万座と鹿沢という地名があって、駅名を決める際に揉めたため、万座・鹿沢口という折衷案に落ち着いたんだそうです。そ…

しな鉄→JR→しな鉄連絡

しな鉄→JR→しな鉄連絡 こちらの乗車券はしなの鉄道・屋代高校前駅で発売された北長野駅までのしなの鉄道→JR→しなの鉄道の通過連絡の乗車券です。一見、長野→北長野間の乗車券に見えますが、券面上部に小さく「屋代高校前から篠ノ井経由」と印字されてい…

内陸移設に伴うキロ数変更

内陸移設に伴うキロ数変更 (内陸移設区間を走るE721系) 昨年12月10日に東日本大震災で被災して不通となっていた常磐線・相馬~浜吉田間が復旧し、5年9ヶ月ぶりに運転を再開しました。これで相馬市・南相馬市といった福島県の相双地域と仙台が鉄道でつ…

秋田内陸線車補

秋田内陸線車補 秋田内陸縦貫鉄道(以下「秋田内陸線では大半の列車がワンマン運転です。車掌が乗務していないため、通常車内補充券が発売されることはありません。車掌が乗務している列車では車掌から車内補充券を購入することができます。 昨年、快速「弘…