続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

社線発行料金券

ろくもん車内指定券

ろくもん車内指定券 しなの鉄道が軽井沢~長野間で運行する観光列車「ろくもん」は全車指定席です。「食事付きプラン」は事前の予約が必要ですが、食事が付かない「指定席プラン」であれば当日でも指定券を発売します。 私は小諸から長野に移動していました…

伊豆急のマルス券

伊豆急のマルス券 伊豆急線には特急停車駅(伊豆高原・伊豆熱川・伊豆稲取・河津・伊豆急下田)のみマルス端末があります。自社用の端末では乗車券と特急「踊り子」の自由席特急券は発券しますが、指定席や新幹線特急券はマルス端末から発売しています。ただ…

伊勢鉄道料補(JR用)

伊勢鉄道料補(JR用) 10年以上前の記事で伊勢鉄道の料補を紹介しました。リンク先を辿ってもらえれば分かりますが、その券は鈴鹿~熊野市の自由席特急券で、伊勢鉄道自社地紋のものでした。 こちらは同じく鈴鹿駅で発行されたJR様式の料補です。発売箇…

あさぎり特急券@御殿場駅

あさぎり特急券@御殿場駅 2月の記事で特急「あさぎり」の特急券の取り扱いが変わった旨を紹介しました。昨年3月までは小田急で一括管理していたものを、一部座席はJRで管理しマルスシステムから直接発券できるようになっています。きっぷの見た目は普通…

野田川駅発行新幹線自由席特急券

野田川駅発行新幹線自由席特急券 北近畿タンゴ鉄道(以下KTR)の主要駅では京都駅からの常備の新幹線自由席特急券を発売しています。私が知る限りでは東京・名古屋・新大阪までは見た事ありますが、他にもあるかもしれません。こういった券はJRではほぼ…

東武の車内特急券

東武の車内特急券 東武鉄道の特急列車の車掌は車内発売用の特急券を持っています。それが今どきありがちな端末機ではなく、常備の特急券です。列車や車掌の所属・割引適用によっても様式や色が異なり、本気で集めてみたら奥が深そうです。 これがJR-東武…

湯西川温泉発行特急券

湯西川温泉発行特急券 野岩鉄道・湯西川温泉駅で購入したJR-東武連絡特急の特急券です。発売箇所表記はなぜか「新藤原④」となっています。他の野岩鉄道の駅で購入しても「新藤原」となってしまうようです。 券の様式としては以前紹介した新藤原駅の常備券…

富士山駅発行特急券

富士山駅発行特急券 以前の記事で、富士急の河口湖駅の「ビジネスえきねっと」で発券した指定券を紹介しました。そのきっぷの発売箇所は「大月駅法人B2」となっていました。 この自由席特急券は同じ富士急の富士山(旧:富士吉田)駅で購入したものです。発…

あさぎりその後

あさぎりその後 (御殿場駅) 今年3月のダイヤ改正で特急「あさぎり」に動きがありました。平成3年の運転開始以来あまり動きのなかった列車でしたが、今回は大きく変わりました。 運転区間を小田急新宿~御殿場間に短縮 車両を小田急60000形(MSE…

川奈臨時停車

川奈臨時停車 JRから乗り入れる特急の伊豆急線内の停車駅は伊豆高原・伊豆熱川・伊豆稲取・河津・伊豆急下田と固定されています。平成21年までは蓮台寺駅にも停車していましたが、現在は全列車通過となっています。 (伊豆急線・川奈駅) 今年4月21・…

あさぎりグリーン@小田急券売機

あさぎりグリーン@小田急券売機 来月のダイヤ改正でJR東海の371系と小田急20000形(RSE)がともに特急「あさぎり」の運用から外れ、小田急60000形(MSE)に置き換えられます。MSEにはスーパーシートがないので、今のうちに「あさぎり」のグリーン車関連の…

新藤原駅常備特急券

新藤原駅常備特急券 新藤原駅は東武と野岩鉄道の共用駅で、管理は野岩鉄道が行っています。その野岩鉄道では新藤原駅を含む有人駅で東武鉄道の上り列車(浅草・新宿方面)の特急券を発売しています。 その野岩鉄道・新藤原駅で購入した特急「日光」の特急券…

タンゴハシタテ

タンゴハシタテ 今からちょうど20年前の平成3年に北近畿タンゴ鉄道・天橋立駅で発売されたL型マルス券の新幹線自由席特急券です。発売箇所は「タンゴハシタテ」となっていて、スペースが一文字分足りなくて濁点が略されています。 北近畿タンゴ鉄道はJ…

小坂鉄道急行券

小坂鉄道急行券 (表) (裏) 趣味の世界ではけっこう有名なきっぷです。小坂鉄道・小坂駅で発券された大館駅からの急行券です。当時のこの近辺の奥羽線では「津軽」や「よねしろ」といった急行列車が走っていました。 この急行券を発売した小坂鉄道は秋田…

下今市駅マルス特急券

下今市駅マルス特急券 東武日光線・下今市駅はJR-東武連絡特急の停車駅であるため、マルス端末が設置されています。東武特急は自社の端末で発券しますが、JR-東武連絡特急はマルス端末で発券します。それが東武線内で完結する区間でもマルス端末で指の…

網野駅発行料金補充券

網野駅発行料金補充券 このカテゴリーの記事はどうしてもサボりがちになってしまいます。そして、また北近畿タンゴ鉄道だったりします。 おなじみの北近畿タンゴ鉄道宮津線・網野駅で発売された料金補充券(料補)です。豊岡~京都間の北近畿タンゴ鉄道を含…

あさぎり@小田急MSR

あさぎり@小田急MSR 小田急線・藤沢駅で購入した特急「あさぎり」の特急券です。券名が「特別急行券」となっています。「特別急行」を略して「特急」となるわけですが、特別でない「急行」がほぼ絶滅状態にあるJRでは「特別急行」という表現は表面上お…

大場車掌区

大場車掌区発行新幹線自由席特急券 伊豆箱根鉄道・大場車掌区で平成14年12月に発売された新幹線自由席特急券です。業界的には「車急式」などと呼ばれ、下車駅に○を付けて価格の部分をちぎる様式です。 接続の関係から乗車駅が三島で固定されていて、下車…

智頭急行料補

智頭急行料補 智頭急行・佐用駅で発売された料金補充券(料補)です。以前紹介した連絡券と同時に購入したものですが、渋られることなく普通に売ってもらえました。黄緑色の自社地紋で連絡券と同じです。 本当は右下の「再掲」のところにJR分(730円)…

席番表記の違い

席番表記の違い JR東海の駅で発売された8年半前の特急「あさぎり」の特急券です。特徴的なのは指のみ券です。JRの座席の席番表示は「**号車**番*席」という表記になりますが、このきっぷは「2号車212番」という表記になっています。 (席無し…

小田急発行Bグリーン券

小田急発行Bグリーン券 東海道線・藤沢駅には小田急江ノ島線との連絡改札口があります。かつては精算窓口があって、係員がJRの乗車券を発売していました。PASMOの導入に伴って精算窓口は廃止され、精算機と自動改札機が整然と並ぶだけの改札口になっ…

京福電鉄発行のJR券

京福電鉄発行のJR券 (自由席特急券) (乗車券) 平成3年に発行された自由席特急券と昭和63年に発行されたJR単独の乗車券です。いずれもちょっと薄くて見づらいですが「○社 福井駅発行」となっているとおり、京福電鉄の福井駅で発売されたっぽいこと…

のと鉄道発行B自由席特急券

のと鉄道発行B自由席特急券 のと鉄道から和倉温泉駅で特急列車に乗り換える乗客向けに発売されていた自由席特急券です。廃止直前ののと鉄道能登線・珠洲駅で購入したものです。同様のものが宇出津駅にもありました。様式はJR九州のものとよく似ています。…

東武発行連絡特急券

東武発行連絡特急券 JR-東武連絡特急の東武線内の停車駅にはマルス端末(MR31)が設置されていますが、停車駅以外で特急券を購入する場合は東武の端末では対応していないためこういった常備軟券が登場します。 この特急券は東武宇都宮線・壬生駅で運…

網野駅発行新幹線自由席特急券

網野駅発行新幹線自由席特急券 また「困ったときの北近畿タンゴ鉄道」になってしまいました…。 北近畿タンゴ鉄道・網野駅で発売された新幹線自由席特急券です。発売終了してしまった伊豆箱根鉄道のものとよく似ています。この様式の新幹線自由席特急券を常時…

三島田町駅発行新幹線特急券

三島田町駅発行新幹線特急券(発売終了) この「社線発行料金券」のカテゴリーは「困ったときの伊豆箱根鉄道・北近畿タンゴ鉄道」という感すらあります。それだけJRの料金券の取扱いの多い会社です。 伊豆箱根鉄道駿豆線は三島駅でJRと接続するため、三…

北近畿タンゴ鉄道→西舞鶴廻り

北近畿タンゴ鉄道→西舞鶴廻り 北近畿タンゴ鉄道(KTR)はJRとの直通特急が多数運転されています。が、マルス端末は宮津・天橋立の両駅にしかなく、他の特急停車駅では硬券・常備券・補充券が発売されているというきっぷヲタにとって神のような鉄道会社…

伊豆長岡駅徒然

伊豆長岡駅徒然 以前の記事で伊豆箱根鉄道・伊豆長岡駅で発券した硬券の自由席特急券を紹介しました。硬券がいつまで売られていたかは定かではありません。現在では、マルス端末のある修善寺駅を除き伊豆長岡駅を含む特急停車駅で上のような常備軟券が売られ…

鈴鹿→名古屋自由席特急券

鈴鹿→名古屋自由席特急券 (A型硬券) 伊勢鉄道・鈴鹿駅に停車する特急「南紀」の自由席特急券です。名古屋までの自由席のみ硬券の自由席特急券が常備されています。硬券の特急券が常用で売っているのはここ伊勢鉄道や北近畿タンゴ鉄道など数えるほどに減っ…

北アルプス自由席特急券

北アルプス自由席特急券(発売終了) (A型硬券) 平成13年9月で廃止になったJR連絡特急「北アルプス」の自由席特急券です。名鉄側でもかつては硬券の特急券を発売していました。わざわざ「北アルプス」と表記されているのがおもしろいところです。 特…