続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

小ネタ

JR東海の指定席券売機サービス拡充

今年6月からJR東海の5駅で、指定席券売機の機能拡充が行われました。5駅の内訳は既存の指定席券売機に対して改造を行った駅が3駅(名古屋・勝川・四日市)と新設した2駅(桑名・中津川)です。 機能拡充とは既にJR北海道で行われているような指定席券売…

乗車駅証明書磁気化

消費税増税による運賃改定を前にして、JR東日本の新潟支社管内の無人駅に設置されている簡易券売機が撤去され、きっぷを発券する機能がない乗車駅証明書発行機への置き換えが進んでいます。 ざっくりメリットデメリットを挙げてみます。 【メリット】 現金…

スーパービュー踊り子グリーン個室

特急「スーパービュー踊り子」に使用されている251系はバブル華やかりし頃の平成2年4月に運転を開始し、まもなく30年になります。既に走っていた185系の「踊り子」と区別するために、全車指定席で自由席はなく、割高なA特急料金が適用されています。 スーパ…

四ツ谷停車かいじ

先の3月のダイヤ改正まで、下り1本だけ中央線・四ツ谷駅に停車する特急「かいじ」がありました。四ッ谷21:53発(東京21:45発)の「かいじ121号」がそれでした。 かいじ121号通過の旨の掲示:四ッ谷駅 2019/3/8 四ッ谷駅は東京メトロ丸の内線や南北線と接続し…

回数券の印字3

タイトルは3となっていますが、1・2はいずれも8年前の記事です。見てみようと思った奇特な方は以下参照されたし。 いずれの記事もマルスで発券された運賃のみの在来線の回数券を自動改札機に通過した際に回数券に印字がされるというものでした。こんな記事を…

JR九州アプリチャンス

昨年12月~今年1月にかけて、JR九州アプリからJR九州インターネット列車予約サービスを利用した人に対し、「JR九州アプリチャンス!」というキャンペーンを実施しました。 コース 賞品 予約回数 予約金額 当選人数 A賞 九州新幹線800系の座席 3回以上…

北海道の硬券入場券

JR北海道の有人駅ではB型の硬券入場券を売っている駅があります。一時期完全に姿を消していたんですが、6~7年前から道東・道北の駅を中心に見かけるようになりました。 硬券の印刷コストを高めに見積もって1枚20円だとすると、入場料金170円からの差し引…

伊勢鉄道特殊連絡乗車券

伊勢鉄道のローカル列車はワンマン運転で、1往復の玉垣発着の入出庫便を除きすべて四日市~津間の運転で、JR線(四日市〜河原田間)に乗り入れます。 伊勢鉄道のローカル列車(左):津駅 2016/3/25 ワンマン運転なので、運賃の支払いは車内で行います。こ…

きっぷをなくした時~実践編~

私のtwitterを見ていた方はご存知だと思いますが、GWの旅行中にきっぷをなくしました。きっぷヲタがきっぷをなくすなんて情けない限りですが、有事の際の参考になればと思い、記憶が新鮮なうちに記事に仕込んでおきます。 5月5日朝4時。私は鳥取県倉吉市に泊…

平成→令和改元の旅

豊肥本線に平成という駅があります。熊本駅のすぐ次の駅で、改元を前にちょっと有名になった感があります。 平成駅駅名標 平成駅は平成4年に無人駅として開業しました。周辺の宅地開発の進展に伴って利用客が増え、平成18年に有人化されています。所在地は熊…

中央線の座席未指定券

先の3月16日のダイヤ改正で中央(東)線特急が全車指定席化され特急料金体系が変更されました。自由席がなくなる代わりに指定席の特急券と同額の座席未指定券が発売されるようになっています。 こちらがマルスで発売された座席未指定券です。乗車日の右に「…

北陸おでかけパス85mm化

昨年、3年ぶりに「北陸おでかけパス」を利用したんですが、長く120mm券だったのがついに85mm化されたことに気づきました。これでようやく自動改札機に通せるようになりました。 このフリーエリア内の自動改札対応駅は両端の長浜・直江津の2駅だけでしたが、…

特急回数券乗り遅れ時の扱い

乗車券と特急券がセットになった指定席タイプの特急回数券で、予め指定を取ったものの乗り遅れた場合、どういう扱いになるか? 答えは券面に記載されているとおり、指定した当日中であれば後続列車の自由席が利用できます。グリーン車用の回数券でも原則自由…

あずさ・かいじ全車指定席化

昨年末、JR各社から今年3月16日ダイヤ改正の概要が発表されました。中央線の特急は「スーパーあずさ」を廃止し「あずさ」に統合するとともに、「中央ライナー」および「青梅ライナー」の特急化が盛り込まれていました。 E353系のスーパーあずさ23号:高尾…

鎌倉・江ノ島パス英語版

7年前に「鎌倉・江ノ島フリーきっぷ」から「鎌倉・江ノ島パス」に改悪されてめっきり使うことがなくなりました。今の「鎌倉・江ノ島パス」はエリア内でしか発売しないのが痛いです。 私は9年前まで鎌倉市民でした。最近の鎌倉江ノ島界隈はいつ行っても観光客…

ばんえつ物語区間短縮

昨年まで新潟~会津若松間で運転されていた快速「SLばんえつ物語」号ですが、今年の運転から新津発着に短縮されました。平成11年の運転当初から平成13年までは新津発着だったので、16年を経て元に戻ったことになります。 SLばんえつ物語号:信越線・亀田 201…

九州ネット予約コンビニ決済

昨年5月16日からJR九州のネット予約において、「コンビニ・金融機関払い」が始まりました。これまではクレジットカードの登録が必須でしたが、持っていなくても利用できるようになりました。 「コンビニ・金融機関払い」とクレジットカード払いの違いは以…

有効期間表示の変化2

有効期間表示の変化2 第2弾は端末からの前出し券です。本当は各社のPOS券を取り上げたいところですが、十分にネタが揃わないため、第3弾以降にて取り上げます。 端末からの前出し券はJR北海道とJR東海で見られます。簡易委託駅で近所の管理駅の端末から…

乗車券変更なし印字

折れている上に、穴まであいている悲惨な状態のきっぷですが、よく見るといろいろと興味深いきっぷです。 まず、右上の乗車券の有効期間表示ですが、「乗車券*日間有効」だったものが「乗車券 4月 4日まで有効」と具体的な日付が印字されるようになっていま…

有効期間表示の変化1

有効期間表示の変化1 4月1日発券分より、JRグループのマルス端末で発券されたきっぷの有効期間の表示が変わりました。ここで言う「マルス端末」とは有人窓口に設置され係員が操作するMR3X・MR5X・MEX端末と広義に「指定席券売機」と呼ばれるMV端末を指しま…

山陰地区自動改札機導入

山陰地区自動改札機導入 昨年11月5日より米子・松江・出雲市の3駅では自動改札機が導入されました。鳥取県・島根県での自動改札機導入は初めてになります。 その後、12月17日より特急「やくも」が停車する伯備線の新見・生山・根雨の3駅と山陰線・…

清里駅記念入場券

清里駅記念入場券 「清里」と言えば八ヶ岳の山ろくに広がるリゾート地です。バブル期にはペンションやらタレントショップが建ち並び、夏ともなれば多くの若者が押し寄せ、「高原の原宿」なんて呼ばれたりもしました。今ではそんなブームはすっかり落ち着いて…

駅旅行センター閉鎖

駅旅行センター閉鎖 (新飯塚駅旅行センター) JR九州で旅行商品を取り扱う「駅旅行センター」が今月末で大量に閉鎖されます。「駅旅行センター」はその名のとおり駅の片隅で旅行商品を扱う窓口で現在23ヶ所あります。それが今月末で少なくとも15ヶ所…

九州指定料金通年同額化

九州指定料金通年同額化 3月4日のダイヤ改正から、通常期と閑散期の二区分に分かれていたJR九州の在来線の指定料金が通常期に一本化され通年同額となりました。これは昨年3月のダイヤ改正で一本化したJR北海道に次ぐものです。 新旧で比較してみると…

成田空港のカッコ表記

成田空港のカッコ表記 (空港第2ビル駅改札) 成田線・成田空港駅は平成3年3月に開業しました。その後、平成4年12月に第2ターミナルの供用開始に合わせて、空港第2ビル駅が開業しました。空港第2ビル駅は日本で初めて駅名に算用数字が入る駅として…

岳南電車のJR硬券

岳南電車のJR硬券 (吉原駅にて) 岳南電車は吉原~岳南江尾間を結ぶ全長9.2Kmのローカル私鉄です。路線は静岡県富士市で完結しています。かつては貨物輸送を行っていて、貨物収入が旅客収入を上回っていた時期もありましたが、平成24年3月にJR貨物の…

北陸周遊乗車券小変化

北陸周遊乗車券小変化 一昨年3月の北陸新幹線開業を期に発売されている「北陸周遊乗車券」ですが、昨年4月1日利用開始分から少し変化がありました。 まずはえちごトキめき鉄道のフリーエリアの東端が谷浜から直江津に広がりました。これで高田・上越妙高…

Tokyo Metropolitan District Pass

Tokyo Metropolitan District Pass "Tokyo Metropolitan District Pass"と聞いて何のこっちゃと思った方もいるかと思いますが、「都区内パス」の英語版です。外国人利用客向けにみどりの窓口でのみ発売していましたが、いつの間にか「指定席券売機」でも発売…

USA駅

USA駅 日本時間の昨日の深夜にアメリカの第45代大統領にドナルド・トランプが就任しました。就任式はずっとテレビで見ていました。選挙戦中はいろいろと物議を醸す発言が多かったわけですが、有権者と約束した公約をどう果たし、超大国であるアメリカの舵取…

ライラック復活

ライラック復活 昨年12月16日にJR各社で今年3月4日実施のダイヤ改正の概要が一斉に発表されました。ここ数年、寝台列車の廃止や新幹線の開業が続いていましたが、今年はそういった動きもひと段落し、全般的に小幅な動きとなったように思います。 その中で…