続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

区間・差額変更券

社線連絡の区間変更券2

社線連絡の区間変更券2 1は8年前に仕込んでいますが、本記事とはあまり関係ありません。 最近JR東日本の首都圏の駅では社線連絡乗車券の口座を減らしています。ICカードの普及が進んでいてきっぷが売れなくなったのが大きな要因だと思いますが、ある…

DXグリーン料金券

DXグリーン料金券 JR九州にはグリーン車よりさらに上位の「DXグリーン席」があります。787系の中でも南福岡車両区の編成(BM編成)に導入され、座席数は1編成にわずか3席です。特急「かもめ」や「にちりんシーガイア」などで見られます。 DX…

急行指定オプション券

急行指定オプション券 JRグループの急行列車で定期列車として残っているのは「はまなす」のみとなっています。本州~北海道連絡や道内始発・最終列車の役目もあって年中ソコソコ混み合っているので、ある程度の固定需要があると思われますが、青函トンネル…

京急横浜駅区変印

京急横浜駅区変印 様式としてはごくごく普通の品川接続の京急→JRの連絡券です。右下に「伊2」とあるように、大阪(伊丹)空港にある京急の券売機で購入したものです。で、券面ど真ん中に押された「区変 横浜」という印に目が行きます。 これは京急の横浜…

博多~小倉間の区間変更券

博多~小倉間の区間変更券 今年4月の消費税増税に伴って、JR線の値上げが実施されたのは周知のとおりです。それに伴って、小倉~博多間の乗車券を新幹線から在来線経由に変更した際に発券される区間変更券に新版が登場しました。 【小倉~博多間の運賃】 …

小倉~博多間の区間変更印

小倉~博多間の区間変更印 まさか覚えている方はいないと思いますが、7年前の記事で山陽新幹線経由の小倉~博多間の乗車券を在来線に区間変更した際の区間変更券を紹介しました。その記事のコメント欄に「きっぷに「区変」「小倉-博多」「140円 収受」「折尾」の文…

ザ・席(券)

ザ・席(券) JR北海道とJR九州では「指定料金券」を購入することにより、特急自由席利用のトクトクきっぷを指定席に変更することができます(もちろんできないきっぷもあります)。JR四国も同じようなオプション券を購入することによってできます。 …

きのくにグリーン変更券

きのくにグリーン変更券 以前紹介した「きのくに指定席回数券」は特急「くろしお」の指定席が利用できる4枚綴りの回数券です。この回数券の面白いところは「きのくにグリーン変更券」というオプション券を買い足すことによって、グリーン車にアップグレード…

八王子駅区間変更券

八王子駅区間変更券 以前の記事で中央線・八王子駅の改札内に設置された「指定席券売機」について紹介しました。その際に乗車券の変更ができるっぽいこと気付いていました。その時は「後日試してみたい」としていたものを実際に試してきましたので紹介します…

指変

指変 私が新幹線に乗る際はよほど短区間でない限り指定を取るんですが、この時はどうしても指定が取れず、指定なしで「こまち」に乗り込みデッキに立っていました。大宮駅に着く手前で車掌が私のきっぷを見て、仙台で降りることを確認した上で、「大宮を出た…

西船橋駅乗継精算券

西船橋駅乗継精算券 ずっと以前の記事で、西船橋駅のJR⇔東京メトロ+東葉高速鉄道との連絡改札について取り上げました。そこで面白いものがゲットできました。 普通の連絡券に見えますが、JR地紋で東京メトロ→JR連絡券です。しかも発駅は東京メトロ・…

単駅指定の区間変更券

単駅指定の区間変更券 品川駅発行の川崎→中部天竜間の区間変更券です。川崎駅はJRの特定都区市内制度上は「横浜市内」に含まれる駅なので、横浜駅から201Km以上離れた駅までの運賃は横浜駅から起算し、発駅は「横浜市内」の表示になります。しかし、…

長岡駅区間変更券

長岡駅区間変更券 (常備軟券) 信越線・長岡駅で発売されている区間変更券です。こういった常備軟券の区間変更券が発売されているのは非常に珍しいです。 用途は北越急行経由の乗車券を上越・信越線経由に変更する際に使われるものです。区間変更と言うより…

九G個

九G個 特急「リレーつばめ」のグリーン個室の特急券です。しかし、ただの特急券ではありません。右下に「九G個」という九州以外では見られない表記があります。 これはグリーン個室のグリーン料金券です。特急料金が0円で、グリーン料金しか含まれていな…

0円区間変更券

0円区間変更券 おなじみの東京メトロ・西日暮里駅精算所発行の区間変更券です。このきっぷの変更前は北小金→西日暮里(北千住接続)の乗車券でした。その内訳は以下の通りです。 JR:北小金~北千住 290円(16.8Km) 東京メトロ:北千住~西日暮…

グリーン料金券(九州)

グリーン料金券(九州) 「グリーン料金券」とは自由席・指定席用の特急回数券でグリーン車利用する場合に併用するきっぷです。いわば「指定料金券」のグリーン車版です。発売額は距離によって異なり、通常のグリーン料金と同額です。JR北海道とJR九州で…

EX-ICの乗り越し精算

EX-ICの乗り越し精算 8月からエクスプレス予約のチケットレスサービス”EX-IC”が山陽新幹線全域に展開されました。私自身はまだ使ったことがありませんが、ICカードを使っている人をちらほら見かけるようになりました。私がきっぷヲタであること…

東京メトロ区間変更券

東京メトロ区間変更券 東京メトロ・西日暮里駅のJR連絡改札口にある精算所で購入した通過連絡の区間変更券です。私は「綾瀬→210円」のJR単独の乗車券を持って東京メトロ千代田線直通電車に乗って西日暮里駅まで来ました。精算所で「秋葉原まで」と変…

20枚きっぷグリーン席引換券

20枚きっぷグリーン席引換券 昨年末までJR九州で発売していた「20枚きっぷ」のオマケとして5枚付いていたグリーン席引換券です。 見てのとおりのものです。混同しないように元の券と同じ区間が印字されています。この券は指のみ券発券時に回収され、…

浜松駅乗換

浜松駅乗換 区間変更券としては何の変哲もないものですが、発売箇所に注目です。 「浜松駅乗換MR2」となっていて、浜松駅の新幹線乗換窓口で購入したものです。この窓口ではこういうイレギュラーな表記になることは以前から知っていましたが、ようやく利…

往復割引適用の区間変更券

往復割引適用の区間変更券 せっかく列車で福岡へ往復するのに単に往復乗車券を購入するのではあまりに面白くないので、往復割引を絡めた区間変更券にしてみました。感熱マルス券が好きではないのと原券発駅を出したかったので、新横浜駅の「エクスプレス券売…

社線連絡の区間変更券

社線連絡の区間変更券 品川駅改札内にあるJR東日本の窓口で購入した区間変更券です。東海道新幹線経由の伊豆急線連絡になっています。連絡運輸範囲内であればこういった券も可能です。同じ品川駅のJR東海の「エクスプレス券売機」でも試してみましたが、…

鶴見駅区間変更券~その後

鶴見駅区間変更券~その後 以前の記事で鶴見駅発行の区間変更券を紹介しましたが、端末が置き換えられたという情報をいただきましたので、早速現地へ出向きました。長距離券も発行できる端末なのでJR東海管内の東海道線の某駅まで区間変更券の購入を試みま…

鶴見駅区間変更券

鶴見駅区間変更券 鶴見線の駅はそれぞれの駅に券売機とSuicaの簡易改札はありますが、鶴見駅を除き全て無人駅です。鶴見駅には中間改札があり、乗換客の乗車券のチェックを行っています。 その中間改札脇には精算所があり、乗り越しや無札の客の精算を…

新幹線変更券

新幹線変更券 以前紹介した「豊橋往復きっぷ」や「名古屋往復きっぷ」で新幹線を利用する際に発売される専用の新幹線自由席(特定)特急券です。通常、豊橋~名古屋間は特定料金が適用されて950円と元々格安ですが、このきっぷは500円とさらに約半額に…

区間変更券5

区間変更券5 以前の「区間変更券2」の記事の中でJR西日本の「みどりの券売機」で区間変更したきっぷは「原券発駅」の表記があるかどうかという点は今後の課題としていました。先日、ひょんなことから当該券を入手することができました。発売箇所は新大阪…

経由変更の区間変更券

経由変更の区間変更券 小倉~博多間の所属は在来線がJR九州、新幹線がJR西日本という具合で会社が違います。JR三島会社は本州三社より運賃が割高なっていて在来線経由(1250円)と新幹線経由(1110円)で異なります。 このきっぷは小倉~博多…

区間変更券3

区間変更券3 今はなき印刷発行機(印発)で発券した区間変更券です。東京駅の新幹線乗換改札で発売したものと思われます。縦型になっているのでずいぶん印象は変わりますが、領収額・原券の項目がちゃんとあり内容はあまり変わっていないようです。 印発券…

区間変更券2

区間変更券2 JR東日本:「指定席券売機」 JR東海:「エクスプレス券売機」 区間変更券は最近増殖している改札内の指定券も買える券売機(東日本:「指定席券売機」、東海:「エクスプレス券売機」、西日本:「みどりの券売機」に相当)でも発券できます…

区間変更券1

区間変更券1 その名のとおり当初持っている乗車券の区間を乗り越したり、経由を変更したりする場合に発行されるきっぷです。新幹線の乗換改札や特急列車専用ホームの中間改札(新宿・上野)などで発売されますが、改札外で売られた事例は知りません。 この…