続・吾輩はヲタである

JR券をメインとしたきっぷのブログ。移行してボチボチやってます。

信濃境今昔

中央線・信濃境駅は長野県富士見町にある無人駅です。中央線を新宿から下っていくと長野県に入る最初の駅になります。 信濃境駅はかつて当地のシルバー人材センターが受託する簡易委託駅でした。首都圏から比較的近く、ピンクや青の常備券や大型の往復乗車券…

熊本駅の不便な券売機

熊本駅の新幹線乗り換え改札の在来線側にMV35型の「新幹線きっぷうりば」という券売機があります。窓口はありません。ここを通りかかるたびに感じるんですが、この券売機がとても役立たずに見えるのです。 熊本駅乗り換え改札のMV35 2019/3/15 JR九州に限…

鎌取臨時停車

毎年10月に千葉市緑区の袖ケ浦カンツリークラブで男子ゴルフトーナメントの「ブリヂストンオープン」という大会が開催されます。大会期間中は最寄りの外房線・鎌取駅に一部特急列車が臨時停車します。普段、鎌取駅に特急列車が停車することはありません。 以…

疲れたら、愛媛。

昨年7月の西日本豪雨の復興支援の第2弾として、愛媛県とJR四国と愛媛県観光物産協会が連携し、10月から12月にかけて「疲れたら、愛媛。愛ある南予フリーきっぷ」(以下「南予フリーきっぷ」)という大変個性的な名前のきっぷが発売されています。きっぷの…

北陸新幹線特別ダイヤ

台風19号が10月12日から13日にかけて関東甲信越・東北地方を通過し、甚大な被害をもたらしました。あれから1ヶ月経ちました。被災された方にはお見舞い申し上げます。 長野市の千曲川の堤防が決壊し、長野新幹線車両センターと付近の本線が浸水し、留置され…

セントラルジャパントラベルセンター

中部国際空港(セントレア)の中に「セントラルジャパントラベルセンター」という旅行会社の営業所と観光案内所を兼ねた施設があります。取り扱い品目は訪日外国人のパックツアーや宿泊の手配、「ジャパンレールパス」を始めとするJRの各種パス、近鉄のフ…

都区内パス(Suica版)

9月1日よりSuicaで利用できるトクトクきっぷが4つ設定されました。「都区内パス」・「ヨコハマ・みなとみらいパス」・「鎌倉・江ノ島パス」は紙のきっぷとの併売で、Suica専用の「休日おでかけパス」相当のきっぷとして「のんびりホリデーSuicaパス」が新た…

令和コスタ行橋

「コスタ行橋」は福岡県行橋市になる屋外型のショッピングセンターです。敷地の外側に平成筑豊鉄道田川線の線路があるため、利便性の向上を図るべくそこに駅を造ることになりました。 令和コスタ行橋駅駅名板 2019/8/24 平成30(2018)年度中の開業を見込ん…

札幌客室乗務員チケッター

先日、乗務員区所チケッターを整理しようとしていて、平成12(2000)年以降のきっぷを漁っていたところ、面白いものを見つけました。 いただきもののきっぷで、札幌拠点の客室乗務員のチケッターが入っています。JR東海やJR九州に客室乗務員のチケッター…

小諸駅でのJR券扱い

小諸駅は平成9(1997)年に長野新幹線開業に伴い信越線がJRからしなの鉄道に転換された際にしなの鉄道管理に移管されています。みどりの窓口は駅舎の外に設置された専用の窓口で発売していました。 また、JRの近距離乗車券は小諸駅の中にJR管理の券売…

伊予灘ものがたりきっぷ

松山~伊予大洲・八幡浜間で運転されている快速「伊予灘ものがたり」は今月で利用客がのべ11万人になりました。私も11万人の中の5人ほど貢献しています。 こういった観光列車は5年も経てばある程度マンネリ化して乗客が減って徐々に指定席も取りやすくなるも…

バニラエアきた北海道フリーパス

「バニラエアきた北海道フリーパス」はバニラエアの飛行機に乗って北海道に来た観光客向けに発売されていた道央・道北エリアが利用できるフリーきっぷです。 発売条件・フリーエリア・価格は以前紹介した「AIRDO20周年きた北海道フリーパス」と同じなので詳…

いろは

日光東照宮春季例大祭号 ◆種別:快速 ◆区間:大宮~日光 日光線の205系:鹿沼駅 2014/2/22 日光線は107系なき後205系が走っています。もともとは埼京線や京葉線を走っていた車両で、4両に短編成化しトイレとドアボタンが付きましたが、座席はロングシートの…

JR東海の指定席券売機サービス拡充

今年6月からJR東海の5駅で、指定席券売機の機能拡充が行われました。5駅の内訳は既存の指定席券売機に対して改造を行った駅が3駅(名古屋・勝川・四日市)と新設した2駅(桑名・中津川)です。 機能拡充とは既にJR北海道で行われているような指定席券売…

風っこそうや

風っこそうや ◆種別:快速 ◆区間:稚内~音威子府(前半)、旭川~音威子府(後半) 風っこそうや2号の出区:稚内運転所 2019/7/28 今年7月27日~9月8日の土日にJR東日本の「風っこ」が「風っこそうや」として宗谷本線を走りました。JR初期の頃は他社の…

えちごワンデーパス

JR東日本新潟支社の全域と北越急行・えちごトキめき鉄道が2日間利用できる「えちごツーデーパス」に対して、1日だけ利用できる「えちごワンデーパス」もあります。 ただし、「ワンデー」のフリーエリアは「ツーデー」よりかなり狭くなっています。 【フリ…

EX往復割引

平成29年9月のEX予約のサービス改定に伴い、片道601Km以上の区間を往復利用する場合に乗車券部分に往復割引が適用される「EX予約サービス(往復割引)」が利用できるようになりました。ここでは便宜的に「EX往復割引」と略します。 利用条件や特徴は以下のと…

7年後の分倍河原

先日、南武線・分倍河原駅を訪れました。ここは京王電鉄管理駅で、JRの長距離乗車券を買おうとすると補充券が出てくることで有名な駅です。以前の記事でも紹介したことがあります。 上の記事の中で「定期券売り場でJR券を発売している」と書いていました…

志国高知幕末維新号

志国高知幕末維新号 ◆種別:快速 ◆区間:高知~窪川 「志国高知幕末維新号」は土讃線・高知~窪川間で運転されている観光トロッコ列車です。このルートは幕末に坂本龍馬が土佐を脱藩する時に通った道の一部とされ、大政奉還から150年を迎えた平成29(2017)…

鴨川市3駅無人化

今年6月末で千葉県鴨川市にある太海、江見・安房天津の3駅が簡易委託を解除し無人化されました。江見駅は昭和48年4月から、太海駅は昭和60年2月から鴨川市が国鉄から委託を受け管理していました。安房天津駅も同様に合併前の天津小湊町が昭和60年3月から管理…

夕張支線最終日-2

一つ前の「夕張支線最終日」の記事は書きかけだったものを間違ってアップしてしまいました。この記事で仕切り直しです。 3月30日と31日は全ての列車が3両編成で運転されていました。この2日間は札幌車掌所の車掌が乗務し乗車券の発売をしていました。 車発機…

夕張支線最終日

石勝線夕張支線は今年3月31日で最終運行を終え、127年の歴史に幕を閉じました。平成28年11月にJR北海道が自社単独で維持するのが困難と発表した4路線の中で初めての廃線となりました。早くもあれから半年が経ちます。 最終運行のヘッドマーク付きの列車:…

乗車駅証明書磁気化

消費税増税による運賃改定を前にして、JR東日本の新潟支社管内の無人駅に設置されている簡易券売機が撤去され、きっぷを発券する機能がない乗車駅証明書発行機への置き換えが進んでいます。 ざっくりメリットデメリットを挙げてみます。 【メリット】 現金…

和歌山駅006

昨年3月のダイヤ改正より、和歌山駅7・8番線の入口に中間改札が設置されました。7・8番線は和歌山線と和歌山市方面の紀勢線の支線が発着します。 和歌山駅中間改札 2018/6/10 有人改札ではありませんが、時間帯によって係員がいます。また、インターホンで遠…

スーパービュー踊り子グリーン個室

特急「スーパービュー踊り子」に使用されている251系はバブル華やかりし頃の平成2年4月に運転を開始し、まもなく30年になります。既に走っていた185系の「踊り子」と区別するために、全車指定席で自由席はなく、割高なA特急料金が適用されています。 スーパ…

由布院駅使用済印

JR九州の使用済印はこのような桜の形をした「乗車記念 使用済 JR九州」で、全社で統一されています(無効印が出てくる駅も少数ありますが)。かつて「お客様の声」のようなところに、無効印では素っ気ないという声が挙がり、このようなデザインのものが…

四ツ谷停車かいじ

先の3月のダイヤ改正まで、下り1本だけ中央線・四ツ谷駅に停車する特急「かいじ」がありました。四ッ谷21:53発(東京21:45発)の「かいじ121号」がそれでした。 かいじ121号通過の旨の掲示:四ッ谷駅 2019/3/8 四ッ谷駅は東京メトロ丸の内線や南北線と接続し…

厚保駅簡易委託解除へ

美祢線はかつて石灰石や石炭の貨物輸送が盛んで、昭和59年に幹線と地方交通線の区分けされた際には貨物輸送の収益により幹線になっています。平成21年に貨物輸送は終了し、現在では単行のディーゼルカーが1~2時間に1本走るありがちなローカル線になっていま…

熱転写印字端末消滅

熱転写印字の端末はJR西日本では昨年9月、JR東日本では今年2月でなくなり、残るはJR東海管内のMV35型にだけになっていました。そのうち名古屋地区の東海鉄道事業本部管内からは7月で姿を消し、残る静岡支社管内からも8月30日の東海道線・焼津駅を最後…

下呂駅改札

高山線・下呂駅は岐阜県下呂市の中心駅で、特急を含むすべての列車が停車します。1日の乗降客数は1,500人程度なので大して多くないですが、下呂温泉の玄関口としても有名なところで、それなりの知名度があります。 左の窓口が「下呂駅改札」 2017/4/22 下呂…